本文へスキップ

離乳食レシピが盛り沢山!離乳食の基礎知識・調理法・進め方ををしっかり学んで、赤ちゃんの成長に合わせた愛情いっぱいの離乳食を!

離乳食とは

 離乳食ってなんだろう?

 「離乳」とは、母乳だけを飲んでいた赤ちゃんが母乳以外の食べ物を徐々に食べられるようになっていく過程をいいます。食事内容から見ると、初めは流動状、そして半固形食、固形食へと移行していきます。それに併せて赤ちゃんの機能も発達していき、飲み込む事から噛む事ができるようになっていきます。

 どうして離乳が必要なの?

 生まれたばかりの赤ちゃんはアゴも各臓器も未発達なので、栄養摂取には負担をかけない母乳が最適です。しかし成長するにつれて母乳だけでは量が不足してきます。また栄養面でみても、赤ちゃんの成長に必要なタンパク質やミネラルが不足するようになってきます。

 しかし、最近の調整乳(ミルク)は母乳に近く作られており、母乳に不足している栄養素が補われているため、与える量を増やしたりする事でかなりの月齢までミルクだけでも育てる事ができるようになっています。

 栄養面だけで見れば昔ほど慌てて離乳を始める必要はない事になりますが、離乳時期で最も大切な事は、舌やアゴを動かして飲み込んだり噛んだりする事を覚える事なのです。この事は言葉をしゃべる準備段階でもあるのです。また、さまざまな食品を食べさせる事で母乳以外にたくさんの食べ物がある事を教え、味覚を育てていく事も大切です。




かみかみのメカニズム

 赤ちゃんのそしゃく(噛む事)能力を知ろう

 離乳を進める上で大切な事は、赤ちゃんのそしゃく能力を知る事です。赤ちゃんは初め母乳を吸うことしか知らず、いきなり離乳食を与えてもうまく食べる事ができません。離乳は赤ちゃんのそしゃく能力に合わせて、徐々に食べ物の形態を変えていく必要があります。

 逆に、慎重になりすぎていつまでもドロドロしたものばかり与えていると、アゴの発達が悪くなる事もあります。赤ちゃんのそしゃく能力を正しく理解して、適切な離乳食を与えていきましょう。

 授乳期のそしゃく能力
 赤ちゃんが母乳を飲むには、上あごと舌との間に乳首をぴったりと押さえ、舌を乳首を包み込むように前から後ろに蠕動運動させて、あふれ出た母乳を飲み込むようにしています。この時期は舌の動きが中心で、そしゃくへの準備段階といえます。

 離乳初期(5〜6ヶ月)のそしゃく能力
 この時期は乳首や哺乳ビンからミルクを飲んでいる状態から、スプーンなどを使って飲む事を覚えていきます。スプーンからうまく飲み込むためには、口を閉じる必要があります。これができるようになれば、次第にドロドロ状のものを与えていきます。

 離乳中期(7〜8ヶ月)のそしゃく能力
 口を閉じてうまく飲み込む事ができるようになったら、次は舌で食べ物を上あごに押し付けてつぶし、後ろに送って飲み込む事を覚えていきます。よってこの時期の離乳食は、舌で押しつぶせるくらいの硬さが適当です。

 離乳後期(9〜11ヶ月)のそしゃく能力
 舌で食べ物をつぶす事ができるようになると、次第に舌を左右に動かせるようになります。そうすると今度は食べ物を歯ぐきの上に移動させて、歯ぐきで食べ物をつぶして食べるようになります。よってこの時期の離乳食は、歯ぐきでつぶせるくらいの硬さが適当です。

 幼児期のそしゃく能力
 奥歯が生えてくる頃には舌がよく動くようになり、そしゃくはさらに上手になっています。そして奥歯で食べ物をすり潰すように噛む事ができるようになります。乳歯は2歳〜2歳半くらいで揃うので、2歳半頃までにこれらの機能が完成します。




いつから食べさせていいの?離乳食時期別にわかる食品カタログ