本文へスキップ

離乳食レシピが盛り沢山!離乳食の基礎知識・調理法・進め方ををしっかり学んで、赤ちゃんの成長に合わせた愛情いっぱいの離乳食を!

離乳食後期の進め方(9〜11ヶ月)

目次


離乳食後期の進め方のポイントとは

 1日2回の離乳食にも慣れて色々な種類の食べ物をモグモグ口を動かして食べられるようになったら、1日3回食にしてみましょう。

 この頃からは歯ぐきを使って噛むようになるので、食べられる食品の種類が広がります。また赤ちゃんが自分で食べたがるようになるので、赤ちゃんの意欲を大切にしてあげましょう。

 離乳食後期の進め方のポイント

 この時期から歯ぐきで食べ物を潰して食べるようになるので、食べられる食品の種類が広がります。食事量を徐々に増やし、食後の授乳は少しずつ減らしていきましょう。
 1日3回食にします。食事時間を規則正しく決めましょう。
 次第に好き嫌いや遊び食べが現れてきます。それだけ赤ちゃん自身の自我が芽生えてきている証拠です。

離乳食後期の離乳食形態

 モグモグよく口を動かし、口元を左右に動かして噛むしぐさをするようになったら、歯ぐきで潰せるくらいの固さのものを与えてみましょう。ニンジンなども煮て5mm程度の角切りにしたり、ハンバーグなども細かくすれば食べられます。揚げ物なども粗くみじん切りにすれば食べられるようになります。

 離乳が進んで食べられる食品の種類も増えてくると、ついつい調理形態を進めてしまうものです。それでも上手に食べていれば特に問題はありませんが、喉につかえて吐き出すようであれば、調理の仕方を見直す必要があります。

調理形態は歯ぐきで潰せる固さに

 離乳食後期の赤ちゃんは食べ物を舌で左右に動かし、歯ぐきで潰してから飲み込むようになります。よって調理形態は歯ぐきで潰せるくらいの固さにしてあげましょう。初めは5〜6mm角に切ったカボチャを柔らかく茹でた程度の固さ、後期の後半にはバナナの固さが目安です。

 歯もはえてきていますが、まだ奥歯ははえていないので、固いものはまだ食べる事ができません。しかしスティック上のキュウリなどは自分で手に持って食べる事ができますので、モグモグかむ練習のために与えてみるのもよいでしょう。




1日3回、時間を決めて与えましょう

 離乳食後期からはいよいよ1日3回食になります。食べさせる時間は朝、昼、夜の3回が適当です。今まで朝10時頃に与えていた場合は、徐々に時間をずらして大人と同じ時間に合わせるようにしましょう。夕食は5〜6時頃が適当です。ただし、働いているお母さんの場合は時間が多少ずれてしまいますが、それは特に問題ありません。

大人のメニューから取り分けができる

 離乳食後期からは食べられる食品の種類もグーンと広がってきますので、かなり大人のメニューから取り分けることができます。調理の際、味付けする前に取り出して赤ちゃん用に味付けすれば、1日3食の手間が省けるようになります。また、この時期から好き嫌いが出てくるようになります。

 新しい味にも敏感になりますので、食べないからといって諦めず、2〜3日後に別な味で試してみるようにしましょう。ずっと与えないようになると食わず嫌いになる可能性があります。

 この時期から少量であればケチャップやソースが使えるようになります。好き嫌いを起こしやすい時期ですので、味や見た目に変化をつけて乗り切っていきましょう。

離乳食後期に食べられる主な食材

○ 糖質の食材:
 初期・中期の食材と同じもの

○ タンパク質の食材:
 初期・中期の食材に加えて、豆(大豆など)、牛肉、豚肉、ホタテの貝柱

○ ビタミン類の食材:
 初期・中期の食材と同じもの

離乳食後期の授乳について

 離乳食後期から食後にお乳を飲まない子も出てきます。離乳食をしっかりと食べていれば、授乳の必要はないでしょう。母乳をやめるのは、離乳食を3回しっかりと食べられるようになってからです。12〜15ヶ月頃に自然にやめるのがよいと思われます。

 やめる時に赤ちゃんが母乳を欲しがって泣く事もありますが、きっぱりと与えずにいると2〜3日で慣れてきます。また、この時期からコップで飲めるように練習をしましょう。コップで水を飲む事は離乳食を食べるよりも難しいので、普通は1歳前後にならないとできません。




いつから食べさせていいの?離乳食時期別にわかる食品カタログ