本文へスキップ

離乳食レシピが盛り沢山!離乳食の基礎知識・調理法・進め方ををしっかり学んで、赤ちゃんの成長に合わせた愛情いっぱいの離乳食を!

> > 離乳食いつから(主食)


いつから食べさせてOK?
離乳食の食品カタログ(主食類)

食品名 初期 中期 後期 完了期
米(おかゆ・ごはん)
塩分を含まず、消化吸収がよいため、離乳食として最も優れた食材です。最初の離乳食は米がゆを与えるのがよいでしょう。
レトルトがゆ
パッケージの表示を確認し、塩分が含まれていなければ5倍がゆと同じと考えられます。10倍がゆや7倍がゆにしたい場合はすり潰して白湯を加えましょう。
玄米がゆ × ×
玄米には食物繊維が多いため、大人はよくても、赤ちゃんの消化器官には負担となります。
もち × × × ×
喉に詰まらせる恐れがあるので、与えるのは2歳以降にしましょう。
食パン
パンがゆとして離乳初期の後半から与える事ができます。耳も食べやすく調理できれば与えることができます。
フランスパン
かたいイメージがありますが、煮ると柔らかくなります。食パンよりも塩分が多いので味付けは不要です。
バターロール
バターを使っている分、食パンよりも脂質が多いので離乳食初期の間は少量にしましょう。市販品にはマーガリンが使われているものもあるので、その場合は使用しない。
ナン ×
小麦粉から作られたパンに近いものですが、しっかりした固めの食感のため、赤ちゃんには食べにくいです。与えるならフワフワの部分を少量だけ。
ホットケーキ ×
小麦粉・卵・牛乳だけで作るなら離乳食後期から大丈夫です。市販品は添加物が含まれているため、手作りを与えましょう。
ホットケーキミックス × ×
ホットケーキを作るのにとても便利ですが、糖分が含まれているので与えすぎには注意。おからを混ぜて焼くと栄養満点になります。
小麦粉
パンや麺の原料であり、あればいろんなものが作れる万能食材です。アレルギーの心配があるので、与えるのは6ヶ月を過ぎてから。
お好み焼きの粉 × ×
小麦粉がベースですが、調味長やだしなどの添加物が含まれているため、与えるなら少量にしましょう。基本的には大人の食べ物です。
白玉粉 × × ×
もち米から作られているので原料的には問題ないのですが、もちと一緒で喉につまらせる恐れがあります。与える際は細かく刻んで少量を。
うどん
茹で具合で固さを調節でき、なめらかな食感が赤ちゃんに好まれています。
そうめん ×
細くツルツルした食感が赤ちゃんに好まれています。塩分を含むので控えめに。
そば × ×
そばはアレルギーの心配があるので、与える場合は離乳後期から慎重に。
スパゲッティ
マカロニ
×
食感がしっかりしており、茹でても柔らかくなりにくいので、与えるのは離乳中期の後半から。アレンジしやすい食材です。
中華めん × ×
離乳食で使用する場合はノンフライのものを選び、食べやすく刻んであげましょう。
ビーフン ×
柔らかく茹でたものをきざんで、離乳中期の後半から与えるようにしましょう。
はるさめ
離乳初期は柔らかく茹でたものをすり潰して与えましょう。
コーンフレーク(無糖)
離乳初期はミルクなどで煮てドロドロにすり潰したものから始めましょう。中期以降はミルクに浸して柔らかくなってから。
クラッカー × ×
小麦粉をイースト発酵しサクサクに焼き上げたものです。塩分が多く含まれているため、なるべく与えないようにしましょう。
オートミール
牛乳などで柔らかく煮てから与えます。繊維が多いので離乳食初期は要注意。
粒コーン × ×
彩りのよい食材ですが、コーンの薄皮が赤ちゃんには食べにくく、消化もしにくいので、刻んで細かくしたものを離乳食後期から。

いつから食べさせていいの?離乳食時期別にわかる食品カタログ


離乳食の進め方

離乳食の進め方とは(スケジュール)
離乳食の進め方(初期)5〜6ヶ月
離乳食の進め方(中期)7〜8ヶ月
離乳食の進め方(後期)9〜11ヶ月
離乳食の進め方(完了期)1歳〜1歳半


離乳食の作り方

離乳食の調理の基本
離乳食の作り方(初期・中期・後期)
上手なおかゆの作り方
離乳食のフリージング(冷凍)テクニック
電子レンジ活用テクニック