本文へスキップ

離乳食レシピが盛り沢山!離乳食の基礎知識・調理法・進め方ををしっかり学んで、赤ちゃんの成長に合わせた愛情いっぱいの離乳食を!

> > 離乳食いつから(調味料)


いつから食べさせてOK?
離乳食の食品カタログ(調味料)

食品名 初期 中期 後期 完了期
砂糖
糖分は食品から自然と摂取しているので、調味料としてはごく少量に。
×
母乳にも塩分が含まれているので、離乳初期は使用しません。中期以降もごく少量に。
しょう油 ×
離乳初期は使用しません。中期以降の使用も塩同様ごく少量に。
味噌 ×
味付けにごく少量であれば離乳中期の後半からOKです。塩分が多いので使用は控えめに。
ポン酢しょう油 × ×
塩分が多く含まれているので、あえて使う必要はありません。
めんつゆ ×
塩分を多く含むので、大人の4〜5倍に薄めてごく少量を風味付けに使います。
焼肉のタレ × ×
塩分や香辛料を多く含むため、赤ちゃんには向いていません。離乳後期以降であれば、取り分けメニューに少し入ってるくらいはOKです。
離乳初期はバターや生クリームなど消化のよい乳脂肪から始め、次第に植物油へ移行します。6ヶ月頃に小さじ1/4から始めましょう。
バター
塩分を含んでいるので、なるべく無塩のものを使用しましょう。6ヶ月頃から使用できます。
マヨネーズ ×
生卵を使用しているのでアレルギーの心配があります。そのため離乳後期までは加熱調理して与えます。離乳完了期からはそのまま使用してもOKです。
ハチミツ × × ×
ハチミツにはボツリヌス菌が混入している事があり、食中毒の恐れがあります。与えるのは1歳を過ぎてからに。
コショウ × ×
赤ちゃんには刺激が強いので、あえて使う必要はありません。
料理酒・みりん × ×
あえて離乳食に使う必要はありません。離乳後期以降なら取り分けメニューに入っているくらいはOKです。
酸っぱいのを嫌がる赤ちゃんもいるので、与える際は様子を見ながら。
トマトケチャップ ×
塩分が含まれているので、与えるのは離乳中期から3gを目安に。
ウスターソース × ×
スパイスなどの刺激があり、赤ちゃんには向いていません。使用する際はごく少量に。
ドレッシング × ×
油や塩分、香辛料が含まれているので、与える際はごく少量に。赤ちゃん用の手作りドレッシングがベターです。
だしのもと × × ×
塩分や添加物を含んでいる事があるので、離乳後期まではなるべく使用しないように。
コンソメのもと × × ×
塩分が多いので使用しないのが原則です。
カレー粉 × ×
刺激が強いので、使う場合は風味付け程度にごく少量を。
からし・わさび × × × ×
赤ちゃんには刺激が強すぎるので、使う必要はありません。

いつから食べさせていいの?離乳食時期別にわかる食品カタログ


離乳食の進め方

離乳食の進め方とは(スケジュール)
離乳食の進め方(初期)5〜6ヶ月
離乳食の進め方(中期)7〜8ヶ月
離乳食の進め方(後期)9〜11ヶ月
離乳食の進め方(完了期)1歳〜1歳半


離乳食の作り方

離乳食の調理の基本
離乳食の作り方(初期・中期・後期)
上手なおかゆの作り方
離乳食のフリージング(冷凍)テクニック
電子レンジ活用テクニック