本文へスキップ

離乳食レシピが盛り沢山!離乳食の基礎知識・調理法・進め方ををしっかり学んで、赤ちゃんの成長に合わせた愛情いっぱいの離乳食を!

> > 離乳食いつから(魚介類)

離乳食で魚介類はいつから?
離乳食の食材カタログ

 魚介類は離乳食に使いやすい白身魚から、アレルギーを起こしやすい青背魚、食感に弾力のあるタコやイカなどさまざまです。離乳食に使用できる魚介類をチェックしてみましょう。


いつから食べさせてOK?
離乳食の食品カタログ(魚介類)

食品名 初期 中期 後期 完了期
タラ × ×
使いやすい白身魚ですが、まれにアレルギーを起こす事があるので後期から与えるようにしましょう。塩味が付いている場合は湯通しで塩抜きを。
銀ダラ × ×
脂がのっていて大人に人気の魚ですが、赤ちゃんには脂肪分が多く、離乳食には使わないほうが無難です。取り分けで与える場合は少量で。
タイ・カレイ・ヒラメ
低脂肪であっさりしているので、初期からすり潰して与えられます。
サバ × ×
サバは特にアレルギーを起こしやすいので、新鮮なものにしっかり火を通して慎重に与えましょう。
アジ・イワシ・サンマ × ×
青背魚はアレルギーの心配があるので、新鮮なものをしっかり加熱して慎重に与えましょう。
シャケ ×
離乳食には塩味のついてない生シャケを使うようにしましょう。
マグロ・カツオ ×
新鮮なものをよく加熱してから与えましょう。身近な魚ですが赤身魚は中期からに。
メカジキ ×
脳や神経の発達に欠かせないDHAを含んだ高タンパク・低脂肪な食材です。よくほぐして食べやすい形状にしましょう。
サワラ
DHAやEPAが豊富な癖のない白身魚です。身が柔らかいので離乳食初期から少しずつ与えることができます。
ブリ × ×
DHAやEPAが豊富に含まれていますが、脂ののったブリは茹でるなどして脂肪を落としてから与えましょう。
ワカサギ × ×
大人はまるごと食べられる魚ですが、赤ちゃんには小骨が多く食べにくい魚なので、離乳食には不向きです。
カキ ×
栄養たっぷりの食材なので、新鮮なものを上手に活用しましょう。
ホタテ ×
柔らかく消化吸収もよいため、タンパク源として上手に活用しましょう。
アサリ・シジミ × ×
栄養が豊富ですが、加熱すると固くなるため、後期から与えるようにしましょう。だしを取ったスープのメニューには最適です。
カニ × ×
アレルギーの心配があるので、よく加熱して慎重に与えます。カニ缶は塩分や添加物を含むので少量に。
エビ × ×
加熱すると固くなるため、きざむかすり潰して与えましょう。アレルギーの心配があるので、よく加熱して慎重に与えます。
甘エビ × ×
赤ちゃんに生で食べさせる事はできませんが、加熱してもやわらかいので後期から細かく刻んで与えられます。
イカ・タコ × ×
弾力が強く赤ちゃんが食べるには向いていません。与える場合は柔らかく煮るか小さくきざんで。
刺身類(生食) × × × ×
細菌や寄生虫の心配があるので、赤ちゃんに生魚は禁止です。必ず加熱してから与えましょう。


肉類・肉加工品はいつから?
(鶏・牛・豚・ハム・ソーセージ・ベーコン…)
乳製品はいつから?
(牛乳・ヨーグルト・スキムミルク・チーズ…)
卵・卵加工品はいつから?
(卵黄・卵白・生卵・うずら卵・卵焼き…)
主食類はいつから?
(米・もち・パン・うどん・そば・パスタ…)
大豆製品・豆類はいつから?
(豆腐・納豆・おから・油揚げ・枝豆…)
野菜類はいつから?
(人参・大根・トマト・いも・ナス・きのこ…)
果物類はいつから?
(イチゴ・ミカン・メロン・ワカメ・桃…)
魚介類はいつから?
(タラ・サバ・ブリ・カニ・エビ・イカ…)
魚加工品はいつから?
(干物・シラス・ツナ缶・鮭フレーク…)
海藻類・加工品はいつから?
(のり・昆布・わかめ・ひじき・寒天…)
加工食品はいつから?
(ジャム・漬け物・佃煮・ゼラチン・卵豆腐…)
調味料はいつから?
(砂糖・塩・醤油・味噌・酢・めんつゆ…)
ドリンク類はいつから?
(緑茶・ウーロン茶・ココア・ジュース…)

離乳食の進め方

離乳食の進め方とは(スケジュール)
離乳食の進め方(初期)5〜6ヶ月
離乳食の進め方(中期)7〜8ヶ月
離乳食の進め方(後期)9〜11ヶ月
離乳食の進め方(完了期)1歳〜1歳半


離乳食の作り方

離乳食の調理の基本
離乳食の作り方(初期・中期・後期)
上手なおかゆの作り方
離乳食のフリージング(冷凍)テクニック
電子レンジ活用テクニック