本文へスキップ

離乳食レシピが盛り沢山!離乳食の基礎知識・調理法・進め方を学んで、成長に合わせた愛情いっぱいの離乳食を|メディカルアーカイブ

<当サイトは医療専門職が監修・運営しています>

> > 食材いつから(加工食品)

離乳食で加工食品はいつから?
離乳食の食材カタログ

 加工食品は大人にとって大変便利な食材ですが、添加物や塩分が多く、アレルギーの心配もあり、離乳食には注意が必要です。離乳食に使える加工食品をチェックしましょう。

<監修> マカロニ先生
 離乳食づくりの実体験をもとに、作りやすく、赤ちゃんが食べやすい離乳食を、栄養学の知識も織り交ぜながら、わかりやす解説していきます。


いつから食べさせてOK?
離乳食の食品カタログ(加工食品)

食品名 初期 中期 後期 完了期
市販ふりかけ × ×
市販のふりかけには塩分や添加物が含まれているので、使用はごく少量に。使用したい場合はベビーフード用のふりかけを使うとよいでしょう。
漬け物 × × × ×
漬け物は塩分が非常に多いため、赤ちゃんには与えないで下さい。
卵豆腐 ×
卵豆腐には添加物が多く含まれているので、与えるのはなるべく1歳以上になってから。付属のタレは使わないこと。
ごま豆腐 × ×
ごま豆腐には添加物が多く含まれているので、与えるのはなるべく1歳以上になってから。付属のタレは使わないこと。
茶わん蒸し(市販) ×
茶わん蒸しには卵白も使われているので、食べられるのは8ヶ月が経ってから。トロっとした離乳食向けの食感ですが、塩分などに気をつけて。
こんにゃく × × ×
こんにゃくは弾力が強く、赤ちゃんにはなかなか噛み切れないので、誤嚥しないよう与える際は細かくきざんだものを少量に。
しらたき × ×
しらたきは細かく刻めば、こんにゃくのような誤嚥の心配はありません。ただし、食物繊維が多く消化が悪いので、使う量は少量に。
なめたけ(瓶詰) × × ×
瓶詰のなめたけには塩分が多く含まれているので、与えるのは離乳完了期から少量ずつに。
梅干し ×
梅干しは塩分が非常に多いので、使用は味付け程度の少量にしましょう。
ジャム ×
ジャムには糖分が多く含まれているので、使うなら低糖・無添加のものを選びましょう。
ゴマペースト × ×
ゴマペーストを与える場合は離乳後期くらいから慎重に。すりゴマは赤ちゃんがむせる事があるので控えましょう。
ピーナッツバター × × ×
ピーナッツバターは無糖のものであれば離乳後期からOKですが、油分が多いので少量に。
生クリーム(植物性油脂) × × × ×
植物性油脂の生クリームは添加物の心配があるため、生クリームを使いたい場合は乳脂肪由来のものを選びましょう。
ゼラチン × × ×
ゼラチンはアレルギーの原因になる恐れがあるので、使用の際は様子を見ながら少量ずつ。


肉類・肉加工品はいつから?
(鶏・牛・豚・ハム・ソーセージ・ベーコン…)
乳製品はいつから?
(牛乳・ヨーグルト・スキムミルク・チーズ…)
卵・卵加工品はいつから?
(卵黄・卵白・生卵・うずら卵・卵焼き…)
主食類はいつから?
(米・もち・パン・うどん・そば・パスタ…)
大豆製品・豆類はいつから?
(豆腐・納豆・おから・油揚げ・枝豆…)
野菜類はいつから?
(人参・大根・トマト・いも・ナス・きのこ…)
果物類はいつから?
(イチゴ・ミカン・メロン・ワカメ・桃…)
魚介類はいつから?
(タラ・サバ・ブリ・カニ・エビ・イカ…)
魚加工品はいつから?
(干物・シラス・ツナ缶・鮭フレーク…)
海藻類・加工品はいつから?
(のり・昆布・わかめ・ひじき・寒天…)
加工食品はいつから?
(ジャム・漬け物・佃煮・ゼラチン・卵豆腐…)
調味料はいつから?
(砂糖・塩・醤油・味噌・酢・めんつゆ…)
ドリンク類はいつから?
(緑茶・ウーロン茶・ココア・ジュース…)

離乳食の進め方

離乳食の進め方とは(スケジュール)
離乳食の進め方(初期)5〜6ヶ月
離乳食の進め方(中期)7〜8ヶ月
離乳食の進め方(後期)9〜11ヶ月
離乳食の進め方(完了期)1歳〜1歳半


離乳食の作り方

離乳食の調理の基本
離乳食の作り方(初期・中期・後期)
上手なおかゆの作り方
離乳食のフリージング(冷凍)テクニック
電子レンジ活用テクニック